« 改名? | トップページ | ウィザーズピンチ!! »

2006年4月13日 (木)

Mak本気書き。

こんばんは、今夜は長くなりそうだ…。T-Makです

皆様にご愛顧いただいてます「なぁバス」。 ついに連載?100回を突破いたしました~~~!!

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

わーわー!! キャーキャー!!

思えば楽しいときも、苦しいときも、皆様の暖かいコメントに支えられてやってまいりました…。

この場を借りて… ありがとうございます!!

試合結果

…    …え? それで終わりか?って? あぁぁ…みんなの声が聞こえる…

「企画無いんかい!!」

ゲッ!! やっぱり? オイラも考えたんですけどねぇ~… 

う~ん…考え中。

いやいや、NBAはそれどころじゃないんですよ!!

プレイオフ進出争いが激化してるんです!! 

まずはEastからいってみましょう。 Eastは全チーム5試合を残した状態で、4つの席を5チームで争っています!

残り試合の赤字はAwayです。

5位 ウィザーズ… バックスブルズ→キャブス→バックス→ピストンズ

残り5試合全試合がプレイオフ圏内のチームと当たるウィザーズ。 先日までの楽勝ムードから一転、本気でC.バトラーの復帰に期待がかかっているのですが…。

6位 バックス… ウィザーズ→ニックス→ホークス→ピストンズ→ウィザーズ

ホームゲーム3試合で、さらにWestとの試合がないバックス。 比較的1番楽にプレイオフ進出を狙えそうな感じはあるのですが、ホームでの手負いのウィザーズ戦を落とすと苦しい展開になるかもしれません。

7位 ペイサーズ… セルティックス→ウルブス→ボブキャッツラプターズ→マジック

完全に対戦相手に恵まれたペイサーズ。下位チームばかりで、Awayもラプターズとボブキャッツ。一気に上位を狙える位置です。

8位 ブルズ… ホークス→ウィザーズ→ヒートマジック→ラプターズ

Away3試合と厳しいですが、対戦相手的にはまだ希望を持てるブルズ。 今日の試合でもネッツを破り、プレイオフ進出へのチーム内のモチベーションは最高潮でしょう。

9位 シクサーズ… ネッツヒートマジック→ネッツ→ボブキャッツ

…厳しい…間違いなく1番厳しいのはシクサーズ。 残り唯一のHomeもネッツ。 逆境を跳ね返しプレイオフへの切符を手にできるかは、やはりアイバーソンにかかっています。

…読みつかれた?

ではでは、West行ってみましょう!! ウエストは4チームが2つの席を争っています!!

7位 レイカーズ… ブレイザーズ→サンズ→ホーネッツ

残り3試合全てHomeゲームのレイカーズ。ただし強敵サンズ戦と、最終戦となるホーネッツ戦が鍵となるでしょう。 昨シーズンの悔しさをここでぶつけてくるか! 

8位 キングス… ナゲッツ→ホーネッツ→ソニックス

Awayでのナゲッツ戦が痛いキングス。 ここでもプレイオフ進出に燃えるホーネッツが最大の問題となるでしょう。

9位 ジャズ… ナゲッツ→ホーネッツマブススパーズ→ウォリアーズ

Westで1番厳しいのはここ、ジャズ。 なぜにここに来て上位3チームと当たるのか? Awayでのホーネッツとの直接対決を落とすと、今シーズンが終わってしまいそうな…

10位 ホーネッツ… ソニックス→ジャズ→キングスサンズレイカーズ

ある意味1番いい組み合わせはホーネッツ。 なぜならやることが明白だから。「自分より上にいるものを一人ずつ引きずり下ろせばいい」 単純明快。 失うものがないホーネッツ。C.ポールがチームをプレイオフに導き、伝説の幕開けとなるか!?

ホントに試合結果

グリズリーズ 92-76 ウルブス

R.デイビスとK.ガーネットを欠くウルブスは76得点しか取れず完敗。 グリズリーズのP.ガソルが今期31回目のダブルダブルで勝利。 P.ガソルは意外かもしれませんがシーズン平均得点が20点を超えたことがありませんでした。 現在20.5得点。 いけるか?

スパーズ 104-95 ソニックス

昨日褒めたばかりのC,ウィルコックスが今日は8点…。 M.ジノビリが欠場しましたがM.フィンリーが17点、B.バリーが16点とベンチがしっかりと機能しています。

サンズ 123-110 キングス

ブルズ 104-101 ネッツ

プレイオフ進出に燃えるブルズのB.ゴードンと、今期すばらしい活躍でネッツの攻撃を引っ張るV.カーターが大激突!! V.カーターが3Pを6本、FTを17本中13本で43得点!! このスタッツを見ただけでも、中と外からの恐ろしい攻撃が想像できます。 対するB.ゴードンもFT21本中19本を決めて36得点。 ゴードンは8本連続でFTを決めるなど第4Qだけで21得点! 「Mr 4Q」と言われるB.ゴードンの本領発揮でした。

レイカーズ 111-100 ウォリアーズ

ヒート 106-97 ラプターズ

D.ウェイドが風邪で欠場しましたが、S.オニールが 15点 11リバウンド 10アシストで自身2回目のトリプルダブルを達成! さらにA.ウォーカーが今期最多の32得点で援護。

さて、敗れたラプターズですが、この人を語らないわけにはいかないでしょう。

トロントのM.J! マイク・ジェームスです!!

実は先日の「MIPは誰だ」企画で3人ほど投票があったのですが、イマイチ皆さん誰だかわかっていないようなのでご紹介しましょう。

01-02シーズンにドラフト外でヒートに入団。 03シーズンからは毎年チームを移り、ヒート…セルテイックス…ピストンズ…バックス…ロケッツ…ラプターズと渡り歩くジャーニーマンだったのです。 今期はPG不在問題を抱えていたラプターズで開幕からスタメンに抜擢。 13試合で30得点以上を記録し、今期の平均が20.1点で、MIP候補者の中では唯一の20得点。 C.ボッシュを怪我で欠く苦しいラプターズで4試合連続の30点超えなどすばらしい能力を開花させています。

今日は本気で長くなってしまいました。 ではまた明日…。

|

« 改名? | トップページ | ウィザーズピンチ!! »

コメント

こんばんは、Makさん。
100回記念おめでとうございます。
今日の記事は読み応えありでしたね。
これからも楽しみにしてますよ。

投稿: Wストックトン | 2006年4月13日 (木) 18時18分

100回突破おめでとうございます。毎日楽しみにしております。
それにしてもマイク・ジェームスへの投票、オイラの他にいた事が驚きです。01-02入団でアリーナスと同期だったなんて

投稿: ステキング | 2006年4月13日 (木) 20時29分

連載100回突破おめでとう。
自分もときには”Mr.ファンタジスタ”またあるときは”世界のカロンバトラー”そしてまたあるときは”メイド”として暗躍してきました。
これからはしっかりと未来のNBAを見据えたコメントを残していきます。
なのでT-Makさんも未来のNBAのためにもブログを続けて行ってね。

投稿: ayasam | 2006年4月13日 (木) 22時43分

100回突破おめでとうございます。これからもブログ頑張って下さい。楽しみにしてます。

投稿: 黒死の蝶 | 2006年4月15日 (土) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150564/9561687

この記事へのトラックバック一覧です: Mak本気書き。:

« 改名? | トップページ | ウィザーズピンチ!! »